次世代光ディスク対決
2006年01月14日

HOME > VERSUS(VS) > 次世代光ディスク対決

間違ってるところがあるかもしれませんので見つけたらメールにてお知らせください。


更新情報

  • インテル HD DVD支持表明、パラマウントとワーナー Bru-rayもサポートと発表 (06/01/16)
  • マイクロソフト、HD DVD支持表明追記 (05/07/04)
  • 参加企業の整理 (05/03/31)
  • 比較表の整理 (05/03/16)
  • 国内支持表明ソフト会社の追記 (05/02/19)
  • 情報の更新 (04/12/13)
  • HD DVDに名称変更と、その他現在の状況にあわせて変更 (03/12/07)
  • とりあえず、仕様の比較表と解説を記述 (03/5/28)

各仕様比較表 (04/12/13)

規格名Blu-ray DiscHD DVD
(High Definition DVD)
DVD (参考)
(Digital Versatile Disk)
参加企業Apple Computer
Dell
Hewlett-Packard(HP)
LG電子 (韓)
サムスン (韓)
シャープ
ソニー
トムソン (欧)
パイオニア
日立
フィリップス (欧)
松下
三菱
東芝
NEC
三洋
メモリーテック
トムソン(欧/両規格支持)
ONKYO
Microsoft
インテル
DVDフォーラム参加企業
発表日2002/2/292002/8/29
ライセンス開始日2003/2/122004/9/28?
容量(片面1層)23.3/25/27GB15GB(HD DVD-ROM)
20GB(HD DVD-ARW)
4.7GB
容量(片面2層)46.6/50/54GB30GB(HD DVD-ROM)
40GB(HD DVD-ARW)
8.5GB
最大容量200GB (8層)同上同上
転送速度(等倍速)36Mbps36Mbps11.08Mbps
ディスクサイズ12cm12cm8/12cm
ディスクの厚み1.2mm(光透過保護層膜 0.1mm)1.2mm(2層 0.6x2mm)1.2mm(2層 0.6x2mm)
レーザ波長405nm405nm635/650nm
レンズ開口数0.850.650.6
トラックピッチ0.32μm0.3-0.4μm前後?0.74μm
トラック構造グルーブランド&グルーブROM-ピット
RAM-ランドグルーブ
R/-RW-ランドプリビット
+RW-グルーブ
映像記録方式MPEG-2 ビデオAdvanced MPEG2
H.264
MPEG-2 ビデオ
音声記録方式ドルビーデジタル
MPEG-1 Layer2 他
ドルビーデジタル
ドルビーデジタルプラス
MLPロスレス
ドルビーデジタル 他
海外支持ソフト会社ソニーピクチャーズ
20世紀FOX
ディズニー(ブエナ・ビスタ)
パラマウント(両支持)
ワーナー(両支持)
パラマウント(両支持)
ユニバーサル
ワーナー(両支持)
ニュー・ライン・シネマ
国内支持ソフト会社東宝
東映ビデオ
バンダイビジュアル
ポニーキャニオン多数
備考既にレコーダが市販されている
すでに4〜6倍速のドライブが開発されている
カードリッジ入り
旧名称 AOD(Advanced Optical Disk))
既存のDVDとの互換性が高い
  • *) Disc=Disk 同じ意味です。
  • *) M=10の6乗 G=10の9乗
  • *) m=10の-3乗 μ=10の-6乗 n=10の-9乗

参加企業について

 圧倒的に Blu-ray Disc 陣営が有利ですね。日立、ソニー、松下がいますし。ただ、RAM陣営であった東芝がいないのはさびしいです。

 NECには MVDISC の失敗という過去があり、家電から撤退したこともAV機器での標準化を進めるには痛いかもしれません。

04/12/13 追記

 三洋はピックアップレンズのシェアが高いので強い味方がついたといえるでしょう。

 また、トムソンが両規格支持を表明し、歩み寄りの可能性を見せています。


発表日などについて

 AOD はちょうど Blu-ray Disc の半年後の発表だったんでライセンスの開始も半年後くらいだとすると市販レコーダがその少し後に出るとして、市販されるのは2003年末あたりになるでしょうか。

 Blu-ray Disc は2003年夏〜秋あたりに、いくつか日本企業が発売、もしくは発表してくるでしょう。

03/12/07 追記

 …と思っていたら、どちらもほとんど動きなしでした。

04/12/13 追記

 今年は松下のBDレコーダシャープのBDレコーダの発売のみ。

 対応ソフトはまだ?


容量について

 現在のところ、容量的には Blu-ray Disc の方が1層でも2層でも若干有利のようです。

 Blu-ray Disc の容量は3パターン(23.3/25/27GB)ありますが、どれを用いるかは、ソフトウェア販売メーカによるらしいですが、ハードは全てに対応するそうです。

 AOD の録画用規格ディスクは AOD-RAM になるらしいです(あんまり容量の話と関係ない(^^;)。

03/12/07 追記

 名称変更に伴い書換用規格ディスクの名称は HD DVD-ARW(Advanced ReWritable) になるそうです。

 20GBあれば、デジタルハイビジョン放送をほぼ無劣化で2時間録画可能という容量です。また、20GBあれば、地上波放送をほぼ無劣化で5,6時間録画できるようです。

04/12/13 追記

 Blu-ray Disc は規格上8層にすることも可能であり、200GBの容量も実現可能であり、この点において HDDVD より有利といえる。


転送速度について

 転送速度は両者とも同じで、DVDの3倍ぐらいです。両方とも、デジタルハイビジョン放送をそのまま録画することが十分可能な転送速度です。


ディスクサイズについて

 現在のディスクサイズは12cmだけ発表されていますが、おそらく8cmなどの小さめも必要に応じて発表されるものと思われます。


ディスクの厚み

2003/12/13 追記

 これが Blu-ray Disc と HD DVD の互換性を妨げているもののひとつ。Blu-ray Disc は保護層膜0.1+記録層1.1μmである。HD DVD はこれまでの DVD と同じく 0.6+0.6μmの張り合わせだ。


レーザ波長

 Blu-ray Disc も AOD も同じく405nmです。


支持ソフト会社 (06/01/14)

海外

データは2004年のシェア

Blu-ray Disc陣営を支持の4社 (47.3% → 78.6%)
  • Sony Pictures Entertainment (12.7%+6.1%)*
  • 20世紀FOX (11.3%)
  • Disney(Buena Vista Home Entertainment) (17.2%)

2006/1/14

以下の二社が Bru-ray Disc 対応コンテンツもリリースすると発表。Bru-ray陣営は約8割のコンテンツをサポート可能となる。

  • Paramount Pictures (8.2%)
  • Warner Bros. Studios (23.1%)

HD DVD陣営を支持の4社 (44.6%)
  • Paramount Pictures (8.2%)
  • Universal Pictures (13.3%)
  • Warner Bros. Studios (23.1%)
  • New Line Cinema (↑に含む)

*) MGMは、ソニー傘下であるため、ソニーピクチャーズのシェアに足した


国内

Blu-ray Disc陣営
  • 東宝
  • 東映ビデオ
  • バンダイビジュアル
HD DVD陣営
  • ポニーキャニオン

現在の状況

2003/6/1

 現在は特に大きな動きといえば、ソニーが世界初Blu-ray Discレコーダを発売したくらいで他には特に動きはないです。

2003/12/7

 何度か承認が見送られていた、HD DVD(AOD) の再生規格の HD DVD-ROM のみ承認されました。今後は書換規格の HD DVD-ARW の承認を目指していくそうです。

 Blu-ray Disc の方は結局、民生品の発売などはソニー以降ありませんでした。2005年年末あたりにならないと製品はそろわないかもしれませんね。

04/12/13

2005/07/04

  • ソニー、東芝間で歩み寄りの気配。ソニーがどこまで譲るかが鍵か。
  • マイクロソフト、HD DVD支持表明。OSの巨人の決定の影響は??

各社リリース

とりあえず、目に付いたものでURLがとってあったものを載せました。


Blu-ray Disc

HD DVD

参考書籍&サイト

  1. 九州工業大学バーチャルユニバーシティ-(http://vu.cse.kyutech.ac.jp/)
  2. blu-ray.jp (http://www.blu-ray.jp/)
  3. 東芝 (http://www.toshiba.co.jp/)
  4. 光ディスク関連ニュース (http://www.dvd-access.com/news/cat_cat2.shtml)


関連記事

前後の記事

タグを元にした関連記事

その他の関連記事を見る

カテゴリ内前後の記事

(C) Copyright 1999-2013 りゅういち (webmaster@dvd-access.com) | 編集 | VERSUS(VS)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dvd-access.com/mt/mt-tb.cgi/4

次世代光ディスク対決 へのトラックバック

IntelとMicrosoft、HD DVD支持を表明 (2005年09月27日 23:33)
from 兆(きざし)
次世代DVDはHD DVD陣営とブルーレイ陣営ですが、MicrosoftとIntelいわゆるWintel陣営はHD DVD陣営側につくようですね ますます次世... [続きを読む]

コメント

コメントしてください




名前、メール、URLの入力情報を保存しますか?