シャープ DVD記録方式パイオニア方式採用
1999年10月07日

HOME > NEWS > シャープ DVD記録方式パイオニア方式採用

 シャープはパイオニアのDVD記録方式を採用すると発表。来春発売予定のDVDビデオレコーダーはDVD-RW方式を採用し、1枚のディスクに標準で2 時間、長時間モードで6時間記録でき、現行のDVD-Videoも再生できるという。

 DVD記録方式の標準規格争いはますます激化することになるだろう。今のところ3つの規格(DVD-RAM、DVD-RW、DVD+RW)がありそれぞれ互換性がない。

  • DVD-RAM
    • 松下
    • 東芝
    • 日立
  • DVD-RW
    • パイオニア
    • シャープ
  • DVD+RW
    • ソニー
    • フィリップス


関連記事

前後の記事

タグを元にした関連記事

その他の関連記事を見る

(C) Copyright 1999-2013 りゅういち (webmaster@dvd-access.com) | 編集 | DVD全般 | NEWS

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dvd-access.com/mt/mt-tb.cgi/12

コメント

コメントしてください




名前、メール、URLの入力情報を保存しますか?