東芝 30GBの12cm光ディスク
2002年01月15日

HOME > NEWS > 東芝 30GBの12cm光ディスク

 東芝はデジタル高精細映像(デジタルハイビジョン?)を3時間記録することができる、青色レーザーを使った記憶容量30GBの次世代超大容量書換え型光ディスクを開発した。今後、DVDフォーラムへの提案も視野に入れているという。

 次世代の光ディスクとしては、ソニーとパイオニア共同開発の片面単層で22.5GBの「DVR-blue」、松下の片面2層で50GB(実質単層25GB)の次世代DVDがあるが、東芝の開発したディスクは単層で30GBあり最も大きくなっている。

http://www.toshiba.co.jp/about/press/2002_01/pr_j0701.htm


関連記事

前後の記事

タグを元にした関連記事

その他の関連記事を見る

(C) Copyright 1999-2013 りゅういち (webmaster@dvd-access.com) | 編集 | NEWS | 光ディスク全般

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dvd-access.com/mt/mt-tb.cgi/45

コメント

コメントしてください




名前、メール、URLの入力情報を保存しますか?