What's DOLBY DIGITAL? DTS??
2000年04月05日

HOME > About DVD > What's DOLBY DIGITAL? DTS??

間違ってるところがあるかもしれませんので見つけたらメールでお願いします。


更新履歴 00/2/26より

  • DTSに対応していなくてもDTSソフトは一応見れると訂正 (00/4/15)

ドルビーデジタル、DTSとは

ドルビー、DTSのロゴ

 DVDの音の迫力を支えている DOLBY DIGITAL(以下ドルビーデジタル) と DTS。しかしそれっていったいなんなの?というわけで、DVDのページとしては解説しておかないといけない!というわけで、やっとこさこのコーナーの登場です。

 ドルビーデジタル、DTSとも、簡単に言えば音声圧縮技術です。つまり、音声データをDVDに記録する際、データ信号のサイズを圧縮し再生時にデコーダ(圧縮したものを元に戻す機械)を使い再生する技術です。例えるなら「わかめ」を乾燥(圧縮)し、水(デコーダ)を使い元に戻すようなものです。

DOLBY DIGITAL

 ドルビーラボラトリーズ社が開発した音声圧縮技術。従来から使われていたドルビープロロジックサラウンドもここ開発。高圧縮(約1/10)で5.1chを実現する。

 高圧縮なので、低圧縮のDTSよりはデータ量を食わないがデコードの際の情報量が少ない(つまりDTSより音質が悪いといえる)。DVD標準音声なのでほとんどのプレイヤーで信号出力でき(この場合別途デコーダが必要)、多くのプレイヤーでデコードできる。


DTS

 デジタルシアターシステムズ社の開発した音声圧縮技術。低圧縮(約1/4)なのでデコードの際の情報量が多く高音質が期待できるが、コスト面、容量面では割高になる。

 DVDのオプション音声なので多くの初期のプレイヤーが信号出力や、デコードができない(この場合デコーダ、対応プレイヤー、対応ソフトが必要。ただし、無くてもDTS音声を使わず見ることはほとんどのソフトで可能)

 最近の新機種ではほとんど対応している。


上記以外

 書いていない場合はだいたいがPCM(Pulse Code Modulation)と言うパルス符号の変調での音声。データ量が大きいので2chが主である。

 また、他の音声圧縮技術については 音声圧縮規格対決 にも記述があります。それらの圧縮音声は通常DVDの音声には用いられることはありません。


比較表

フォーマットドルビーデジタルDTS
DVDの位置付け標準音声オプション
処理方法デジタル処理
記録、再生ch数
(スピーカー数)
5.1ch/2ch/1ch5.1ch
圧縮率約1/10約1/4
ダイナミックレンジ
(音のにぎやかさ)
120dB(デシベル)145dB


関連記事

前後の記事

タグを元にした関連記事

その他の関連記事を見る

カテゴリ内前後の記事

(C) Copyright 1999-2013 りゅういち (webmaster@dvd-access.com) | 編集 | About DVD

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dvd-access.com/mt/mt-tb.cgi/89

コメント

コメントしてください




名前、メール、URLの入力情報を保存しますか?