ソニー 1GB記録が可能なMD新規格「Hi-MD」
2004年01月08日

HOME > NEWS > ソニー 1GB記録が可能なMD新規格「Hi-MD」
記事関連商品 by Amazon
ASIN:B0002JUILK:imageHi-MDメディア
ASIN:B0002JUIMY:imageHi-MD対応コンポ

 ソニーは8日、現行のMDとの再生互換を確保しながら大容量化を実現した「Hi-MD(ハイエムディー)」規格を策定したと発表した。Hi-MD規格の対応製品は6月より発売される。

 Hi-MD は以下の4点が従来のMDを異なる。

  • 大容量化
    • Hi-MD専用ディスク=1GB
    • 従来のMDをHi-MDフォーマットする=305MB
  • 高音質化
    • リニアPCM録音対応
    • ATRAC3plus による256kbpsの転送レート追加
  • PCとの親和性
    • フォーマット形式にFAT(File Allocation Table)
  • 著作権保護
    • MagicGate OpenMGへ対応

 なおこれらは上位互換であり、従来のMDはHi-MD機器で再生可能だが、その逆はできない。

 また、フォーマットにFATを採用したことで、PCから音楽以外のファイルをフロッピーディスク感覚で簡単に記録することができる。

 


関連記事

前後の記事

タグを元にした関連記事

その他の関連記事を見る

(C) Copyright 1999-2013 りゅういち (webmaster@dvd-access.com) | 編集 | NEWS | その他PC/AV機器 | 光ディスク全般

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dvd-access.com/mt/mt-tb.cgi/95

コメント

コメントしてください




名前、メール、URLの入力情報を保存しますか?