ビクター BD/DVDのROMディスクの開発に成功
2004年12月25日

HOME > NEWS > ビクター BD/DVDのROMディスクの開発に成功

 日本ビクターは、Blu-ray Disc(単層)とDVD(2層)の3層構造となるBD/DVDコンビネーションROMディスク技術を開発したと発表した。総容量は33.5Gバイトにのぼるほか、1枚のディスクで「大画面TVではBD映像、個室/ポータブル機器ではSD映像を楽しむ」「当面はDVDとして利用し、BD機器購入後にはBD ディスクとして利用する」という使い方を実現可能にする。

 ビクターが、Blu-ray Disc と DVD 規格両方の記録、再生可能なディスクを開発した。総容量の33.5GBは Blu-ray Disc 25GB+DVD片面2層 8.5GB。

 このディスクを将来的には BD2層50GB+DVD2層8.5GBにすることを目指すという。

 このディスクは現行のDVDプレーヤでも再生可能だという。

 HD DVD陣営も1層目に DVD、2層目に HD DVD というディスクを開発したが、この容量は 4.7+15=19.7GB であり、規格上2層までである HD DVD の限界でもありそうだ。(BDは規格上8層にすることも可能)


関連記事

前後の記事

タグを元にした関連記事

その他の関連記事を見る

(C) Copyright 1999-2013 りゅういち (webmaster@dvd-access.com) | 編集 | NEWS | 光ディスク全般

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dvd-access.com/mt/mt-tb.cgi/118

コメント

コメントしてください




名前、メール、URLの入力情報を保存しますか?