東芝 スマートメディアから撤退
2005年03月09日

HOME > NEWS > 東芝 スマートメディアから撤退

 東芝は3月7日、スマートメディアの生産から一部を除いて撤退すると明らかにした。後発のメモリカードに押されて市場が縮小しているため。撤退時期は、OEM供給先などと今後詰める。

 1995年に開発されたスマートメディアもその役目を終えそうである。

 現在、メモリーカードシェアは以下のようになっている

  • SDメモリーカード(32%)
  • コンパクトフラッシュ(11%)
  • メモリースティック(8〜10%前後?)

今後もこの3つがフラッシュメモリカードの柱となりそうだ。

 現在、東芝はSDメモリーカード対応製品、またカードそのもの開発に関わり、販売しているため、売り上げ自体に大きな影響は無いものと考えられる。

 また、メモリーカードの特性としてPCを用いることで他の媒体に容易に書き出せる、新規製品にスマートメディア採用機器がないことから、利用者にとってもさほど大きな影響は無い。


関連サイト


関連記事

前後の記事

タグを元にした関連記事

その他の関連記事を見る

(C) Copyright 1999-2013 りゅういち (webmaster@dvd-access.com) | 編集 | NEWS | 小型半導体メモリ全般

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dvd-access.com/mt/mt-tb.cgi/127

東芝 スマートメディアから撤退 へのトラックバック

スマートメディアの写真画像を復旧 (2009年07月09日 19:37)
from データ復旧 PC・HDDファイルの復元・修復方法
デジタルカメラに使われているスマートメディア(SSFDC、SmartMedia)とは東芝により開発された小型のフラッシュメモリカードです。単価が安いものの... [続きを読む]

コメント

コメントしてください




名前、メール、URLの入力情報を保存しますか?