「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」を見てきました。
2004年06月28日

HOME > もコラム > 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」を見てきました。

監督も校長先生も変わった第3作目

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
ASIN:B000B5M7PA:image#ハリー・ポッターシリーズ第3作目ハリー・ポッターシリーズ第3作目

 ハリー・ポッターは、第1作目から映画館でみているので、第3作目も見に行きました。(ロード・オブ・ザ・リング3部作やマトリックス3部作、スターウォーズ新3部作の2作を映画館に行って見てる俺って結構ミーハー?)

 感想としては、雰囲気は全体的にダーク。学校での生活場面が少ないですが、伏線がきちんと張られており、何回か見に行くと「なるほど」と気づく部分が多いです。

 私的に一番の見せ場は、闇の魔術の防衛術での授業で、生徒たちが音楽にあわせてテンポよく、まね妖怪ボガードを攻略(?)していくシーン。あれがもう何分か続いても音楽とあっていて楽しかったと思います。

 私は基本的に日本語版の小説を見ており、内容を知っていたので「なるほど」を1回目である程度把握できたと思いますが、今回のは、伏線を張るのに忙しくて人間をうまく描けていなかった気がします。

 ルーピン先生の悩みとかがあまりにも薄いし、せっかくシリウス・ブラックにゲーリー・オールドマンを起用したのになんかチョイ役みたくなってしまってます。

 また、これまでの作品で見せ場だったクィディッチもなんかすぐ終わってしまうし。リチャード・ハリスが亡くなったのも残念です。やっぱりちょっと違和感が・・・。

で、上映時間を見てみると、

  • 賢者の石 152分
  • 秘密の部屋 161分
  • アズカバン 142分

・・・あれ?本が一番厚いアズカバンが一番短い・・・。

 おそらくスケジュールの都合(なんか第4作「炎のゴブレット」も重なってるらしい)もあるのでしょうが、やはり、期待がちょっと大きすぎたかも。

 しかし、演じている子供たちの成長ぶりには目を見張ります。ポッター役のダニエル・ラドクリフは細かい演技を入れ始めたし、ハーマイオニー役のエマ・ワトソンはとてもぷりちーでした。(なんかドクター・スランプみたいな表現だ・・・)ロン役のルパート・グリントはまぁ、相変わらずよい味出してます。悪役のマルフォイは、ちょっと弱くなりすぎかもしれないけど、やっぱり大きくなりました。

 本には負けるけど、映画館には見に行く価値は有り。次回作にも期待していますよー!


関連記事

前後の記事

タグを元にした関連記事

  1. 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」を読んで。
  2. りゅういちの活字依存症(2001年8月)
  3. 「ミリオンダラー・ベイビー」見たこととか。
  4. アメリカ旅行レポート 〜チャイニーズ・シアター編〜
  5. Trick or treatment? (ヘアケアしてくれなきゃイタズラするぞっ の意)

その他の関連記事を見る

(C) Copyright 1999-2013 りゅういち (webmaster@dvd-access.com) | 編集 | もコラム | 観た映画・DVD

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dvd-access.com/mt/mt-tb.cgi/148

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」を見てきました。 へのトラックバック

ハリーポッター完結編、7月21日に発売 (2007年02月02日 13:24)
from 総合情報ニュース徒然草
 書籍から始まり、映画、関連商品などで大きな売上げを上げる「ハリーポッター」の完結編が今夏に発売されるという今日の記事より。 (引用記事は、下部に掲載)... [続きを読む]
映画DVD「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」 (2007年08月18日 22:05)
from 映画DVDがそこにある。
2004年アメリカ 3作目でも十分楽しめます。 少し大きくなったかな。ご家族で見てほしい映画DVDです [続きを読む]

コメント

コメントしてください




名前、メール、URLの入力情報を保存しますか?