「症例A」を読んで
2004年07月15日

HOME > もコラム > 「症例A」を読んで

題名

症例A (しょうれいえー)

著者

多島斗志之 (TAJIMA Toshiyuki)

読了日

2004/7/13

内容紹介 (本から引用)

 ねえ、先生。どうかわたしを救って下さい。

 精神科医の榊は美貌の十七歳の少女・亜左美を患者として持つことになった。亜左美は敏感に周囲の人間関係を読み取り、治療スタッフの心理をズタズタに振り回す。

 榊は「境界例」に疑いを強め、厳しい姿勢で対処しようと決めた。しかし、女性臨床心理士である広瀬は「解離性同一性障害(DID)」の可能性を指摘し、榊と対立する。

 一歩先も見えない暗闇の中、広瀬を通して衝撃の事実が知らされる……。

 正常と異常の境界とは、<治す>ということとはどういうことなのか?七年の歳月をかけてかつてない繊細さで描き出す、魂たちのささやき。

評価 (★5個で満点)

★★★★☆ (4点)

感想

 前任の沢村医師の死亡事故が、中核をなすな…との勝手な、にせミステリファンの予想を裏切る、驚きの死に方。「おいおい、あんたよ、なにしてるんだい」ともつっこみたくなる。

 そう、メインはそこではない。よく調べられた精神科医療の現状と、その根底にある歴史と知識。そこがメインなのである。他人の心も、自分の心も知りたがる人間だから、こういう内容って結構惹かれてしまう。解離性同一性障害とは、多重人格のことなのだが、その内容も単なるサイコ小説には終わらない。精神科医療(心理学?)用語がバンバン飛び出し、なんだか頭のよくなったような気分にもなってしまう。(もちろん気分だけだが)

 さらに、サブストーリーとしての首都国立博物館の贋作疑惑も物語を盛りたてる。どこでこのサブストーリーとメインストーリーが交わるのかワクワクもの。

 自分たちには非日常の世界が、実はすぐ隣にある、と知らされる、秀逸な作品。

りゅういち的配役

  • 榊:まじめ、実直、好青年、慎重、30代。そんなやついるか?(^^;うーん、山本耕史か?でもちょっと若いな…。
  • 亜左美:一見、あだち充風キャラ。難しい役どころだが、上野樹里に期待。
  • 広瀬:読んでいるうちに、柴咲コウしかないと。でもちょっと若すぎる?30代演技でお願いしますよ、柴咲さん。
  • 院長:理想の精神科医療を目指す人物、ということで、唐十郎に優しい演技で。
  • 江馬:首都国立博物館の学芸員。知的な感じな人がいい。菅野美穂とか。


関連記事

前後の記事

タグを元にした関連記事

  1. 悲願の、Equinoctial Week
  2. ちゃっぷい、ちゃっぷい、どんとぽちぃ、どんとぽちぃ。
  3. 連続テレビ小説「わかば」
  4. スマートフォン買ったよ!(^ω^)
  5. いや、マジでバレンタインとか、ぜんぜん忘れてた、いや、これホント。

その他の関連記事を見る

(C) Copyright 1999-2013 りゅういち (webmaster@dvd-access.com) | 編集 | もコラム | 読んだ本

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dvd-access.com/mt/mt-tb.cgi/155

「症例A」を読んで へのトラックバック

薬を飲んでいないとだめなのか 【心療内科 カウンセリング@情報部屋】 (2007年01月13日 00:39)
from 心療内科 カウンセリング@情報部屋
【心療内科 カウンセリング@情報部屋】精神病と投薬の関連性ですが、精神病の治療の定義には投薬の有無は完全に関係ありません。「自分の感情を自らコントロール出... [続きを読む]
精神科 (2007年04月03日 06:32)
from 徒然なるままに…
最近、知人から精神科に通っていて、精神安定剤を処方されているとの話を聞いた。精神科か・・・。俺も気分の浮き沈みが激しいし、情緒不安定だから以前より何度とな... [続きを読む]
音楽 心理学 (2007年05月13日 18:24)
from 心理学@心理学
「音楽の認知心理学」の本のコメントです。「人は音楽をどの様に知覚し、認知するのか」を心理学の面から問いかけ、その謎に迫ろうとするのが本書です。内容は、心理... [続きを読む]

コメント

コメントしてください




名前、メール、URLの入力情報を保存しますか?