「スター・ウォーズ」を見たこととか。
2005年07月21日

HOME > もコラム > 「スター・ウォーズ」を見たこととか。

 はぁ〜 ため息しか出ない今日この頃...。ため息の数だけ幸せが逃げるらしいのでみんなは気をつけよう。

 あぁ、社会人ってつまらんなぁ。


スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐 見てきました。

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐
ASIN:B0000AIRN3:image#新旧シリーズをつなぐ最高傑作新旧シリーズをつなぐ最高傑作

 いやー、これぞスター・ウォーズ。のっけから十八番である空中戦。すごい数の戦闘機が入り乱れての大迫力。これよこれ、おれがまってたのは。そのまま、誘拐された議長を助けにいった二人(オビ=ワンとアナキン)と一台(R2D2)で敵の母船に乗り込んじゃうし。ジェダイなんでもあり。まぁ、一番かっこよかったのはR2D2だけど。

 今回の作品は、なぜアナキンがダークサイドに堕ちたかを中心にしていて、伏線が弱いものの(議長とそんなに仲良かったっけ?等)理由がはっきりしていてわかりやすかったです。あれじゃあ堕ちますよ。もっと若者かまってやれよ、ジェダイ評議会。

 とにかく、オビ=ワンことユアンがかっこよかった。最初「おいおい師匠弱すぎるだろ」と突っ込みを入れたくなるほど弱くて。ところが、グリーバス将軍とのチャンバラあたりから「あれ結構強いじゃん?」となり、最終的には「やっぱりオビ=ワンだす」となること請け合いです。新3部作の主役は、アナキンというよりオビ=ワンだな。

 そして、きちんと作品の最後にまとめて旧3部作とのつじつまをあわせてくれます。「なんで、C3POはアナキンのこと知らないの?」とか「旧3部作で死んだ人がホログラムみたいにでてたのは何で?」とか全部まるっと解決ですよ。

 見終わった後、エピソード4を見直してしまう人はきっと2人に1人くらいいるのだろうなぁ。そして、エピソード6まで見直したときに気づきさけぶのだ。アナキンは選ばれしものだった!と。

 ほんとはもっと空中戦、特に宇宙でぴゅんぴゅんやるのがみたかったけどチャンバラが多かったと感じました。けどそれも飽きずにみることができたし、ヨーダやっぱりすごいし。見る価値あり。

読んだ本

 とにかく読みまくりなのですよ。

邪魔 (奥田英朗)

  • ★★★★☆
  • 重い。量も内容も。どんどん壊れていく日常と社会。「最悪」のときと同様、だめ若者にだめ親父、平凡な女性。今回はさらに既に壊れている刑事も加え、みんながどつぼにはまってゆく。あともどりはできない。それでもやっぱり明日はくるんだなぁ。

蛇にピアス (金原ひとみ)

蛇にピアス
ASIN:4087746836:image:small#作品情報作品情報
  • ★★★☆☆
  • うちの母が「気持ちがわかる」と読後に感想を述べたのでよんでみました。わからないでください...。えなりな私にはちょっと縁遠い世界。舌にピアスをあけて穴を大きくして最終的には舌を割る(蛇のように)気持ちはわからない。生きたいのやら死にたいのやら。

トライアル (真保裕一)

トライアル
ASIN:4163178600:image:small#作品情報作品情報
  • ★★★★☆
  • 日本の4大賭け事の選手とその周辺にスポットを当てた作品。競輪、競艇、オートレース、競馬に関わる人々の日常と葛藤が描かれていて、まったく期待してなかった割にはおもしろく読めました。さすが真保。きちんとハードボイルド臭が漂っていました。

生首に聞いてみろ (法月綸太郎)

生首に聞いてみろ
ASIN:4048734741:image:small#作品情報作品情報
  • ★★★★☆
  • ひさびさにちゃんとしたミステリを読んだ気分になるには十分な作品。きちんと伏線がはってあって、それが活かされている。最後には全ての伏線がつながるので読み返すと、なるほど〜ってなるのだろうなぁ。まぁ探偵役の法月がリアルタイムに追っている事件だけに伏線の数だけ事件が防げたということであり、そこに悲壮感漂う。

阿修羅ガール (舞城王太郎)

阿修羅ガール
ASIN:4104580015:image:small#作品情報作品情報
  • ★★★★☆
  • 「煙か土かくいもの」のときの疾走感はそのままに、日本人アメリカの救急救命医から女子高生へ。ほんとに妹の口調そのままでよんでて時折笑い、時折ムカムカする。文体だけで。話はというと、主人公の恋愛と脳内を中心としたカオスな社会の物語。もう伏線も何もあったもんじゃない。伏線は張りっぱなしでほったらかし。もう読者は置いてけぼりです。この人の書く小説は好きか嫌いかの2パターンにわかれると思います。私は好き。ただ、やっぱりある程度、伏線は消化していただかないと、解決してないことだらけで読了感がないっす。んで、これ三島由紀夫賞受賞作品だそうです。三島由紀夫賞、どんな作品にわたしてんねん、とおもったら選考委員に筒井康隆が。なーる。

 ペース落ちてきたかも。


アメリカいってきます

 ちょっくら7月24日〜7月29日までアメリカいってきやす。前回のアメリカ旅行レポートも終わってないのに...orz


関連記事

前後の記事

タグを元にした関連記事

  1. 戦争を知らない子供たちの子供たち。
  2. 「ミリオンダラー・ベイビー」見たこととか。
  3. はっぴぃ、ばーすでい、つーゆー(梅雨とかけた、とてもおもしろいダジャレ)
  4. ひとりサマーバケーションEP (3) 永福中央公園〜江戸川公園
  5. チョコっとだけ、おれの話をきいてくれないか?カカオっ!

その他の関連記事を見る

(C) Copyright 1999-2012 りゅういち (webmaster@dvd-access.com) | 編集 | もコラム | 観た映画・DVD | 読んだ本

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dvd-access.com/mt/mt-tb.cgi/180

コメント

コメントしてください




名前、メール、URLの入力情報を保存しますか?