あけましておめでとうとか、本とか、映画とか、テレビとか、戌とか。
2006年01月16日

HOME > もコラム > あけましておめでとうとか、本とか、映画とか、テレビとか、戌とか。
<< 前の記事 | Tag Cloud: (167 Tags) | 次の記事 >>
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

記事中からキーワードを、はてなダイアリーキーワードを元に自動抽出しています。

 どうも、年男です。としお、という名前じゃないよ。戌年ってことだよ。いつの間にか、テレビでがんばっているアスリートより年上になってきて、取り返しつかないなぁ、なんて思いつつ日々過ごしております。

 ま、幸せは歩いてこない、だから歩いていくんだね、ってことで。今年はアクティブにネガティブに行きますんでヨロシク。


読んだ本

疾走 (重松清)

  • ★★★★☆
  • 人生を駆け抜けに駆け抜けた少年の物語。生きるってのは大変なんだなぁ、でも生きることをさまたげるのはにんげんで、そいでもって、生きるのに必要なのもやっぱりにんげんなのだよなぁ。疾走したシュウジの人生の後はなぜか爽快感や達成感さえ残る風景で終わっていた。しかし、最近やたらと「シュウジ」って名前を聞くな・・・はやり??自分の周りだけ??映画化するとのこと。監督はSABU監督らしい。SABU監督ならあの疾走感と最後の爽快感を再現してくれるだろう。期待大である。

 あ、一冊だ・・・。今、「半島に出よ」の下巻を読んでます。おもろいよ。


観た映画

ハサミ男

ハサミ男
ASIN:B000ARD906:image:small#作品情報作品情報
  • ★★★★☆
  • 原作本は最後の最後にすごい仕掛けがあって、映像にするのは無理だろ〜と思ってました。どのように映像化されたのか興味があったのでみてみたところ、原作とはやっぱり違ったもののなかなか面白かったのです。ちゃんと仕掛けはあったし(すぐ分かるけど・・・)。というか、麻生久美子がよかったです。

ネバーランド

ネバーランド
ASIN:B00067HCY4:image:small#作品情報作品情報
  • ★★★☆☆
  • 前評判がよいだけにがっかりしてしまうパターンの映画でした。雰囲気、内容ととてもよい映画なんですが、淡々としすぎていました。確かに、舞台が公開されるときなどは盛り上がるのですが、そこまでのプロセスに盛り上がりがないため、そこまで盛り上がれない。構図としては「恋に落ちたシェイクスピア」と同じですが、そっちの方が最後の舞台でグワーッと来た覚えがあります。

恋愛寫眞

恋愛寫眞
ASIN:B000BKJFBO:image:small#作品情報作品情報
  • ★★★★☆
  • まったく期待せずに見たところ、とても面白い映画でした。堤幸彦らしいネタあり、青春ありの心くすぐられる映画。オープニングの松田龍平の変な英語がどうかと思ったが、なれると味わい深く、最後の方の松田龍平は松田優作にそっくりで結構驚いた。終わり方もある種のすがすがしさに満ちていた。

ブリジット・ジョーンズの日記

ブリジット・ジョーンズの日記
ASIN:B00074C46M:image:small#作品情報作品情報
  • ★★★☆☆
  • 結構、普通の恋愛映画だった。あー結局最後はそっちだね、みたいな。ま、レニー・ゼルウィガーが等身大の30代女性を描いているから話題になったってことかな。

ジョゼと虎と魚たち

ジョゼと虎と魚たち
ASIN:B0002JDUW4:image:small#作品情報作品情報
  • ★★★★☆
  • 演技がみんなよかった。とくに池脇と妻夫木。恒夫はたしかに逃げたのだろう。しかし、残したものは大きかった。残したものは、ホテルのシーンのジョゼの言葉に集約されているし、最後のジョゼの料理シーンからもうかがえる。最後の恒夫の涙は、誰へのどんな感情の涙なのか。深い映画ではないかな。

テレビ

クライマーズ・ハイ (ドラマ)

クライマーズ・ハイ
ASIN:4163220909:image:small#作品情報作品情報
  • 原作の雰囲気そのままに上手にドラマ化されていた作品。小説の映像化ってのは、こういう風にするんですよ、日テレさん。とくに佐藤浩市がうまい。というかでてる人みんなうまかったけど。前半1時間半、後半1時間半の計3時間もちょうどよい長さだろう。日航機墜落事故を追う地方紙の記者の物語で、ぐいぐいひきつけられる。やっぱり、こういうのはNHKにやらせるとうまいな、と再認識です。

M-1 GP 2005

  • ブラック・マヨネーズ優勝は納得。面白い。ただ、品川庄司も面白かったのに、決勝にいけなかったのは残念かな。麒麟も面白かった。ただ、ほとんど吉本だな、ともおもった。吉本興業の若手宣伝番組といっても過言ではないかもしれない。面白い奴らが集まっているのか、面白いを定義されているのか。どっちだかようわからん。
  • http://www.m-1gp.com/

第56回紅白歌合戦

  • 今回のは久しぶりに始めから終わりまで見た。テレホンカード配りはなかった。結構面白かったし、いい歌も多かった。山本耕治は自然体(というか天然)でよかったし、仲間由紀恵もよかった。合間のコントで違和感のあるのも多かったけど、例年よりは少なかった。一年のまとめとして話題になった人が、壇上に上がったりするんだけど、いらないだろ・・・。ライブでコメントを言わせる必要はないでしょ。「タイムスリップ60年 昭和・平成ALWAYS」の企画はとてもよかったので、(「恋のマイヤヒをのぞく」)こういう感じで一年まとめましょうよ。ね?以下、印象に残ったこと
    • 細川たかしの「北酒場」はよかった。結構盛り上がる曲調。オープニングで、演歌歌手で大丈夫か??という不安を打ち消した。
    • 布施明の歌で、仮面ライダー響鬼でてきちゃった。細川茂樹も。おもろかった。歌もさすが。
    • モーニング娘。とかいっぱい出てきたところがあったけど、多すぎ。モーニング娘。はちょっと難しい位置にいるかな。松浦亜弥はずっと紅白出れるだろうけど(SMAPのように)その他の人は、その付き添いになってしまうかもしれない。脱退、卒業、追加をしすぎて、一人一人の個性が消えてしまっている。
    • その点、SMAPはメンバー全員の個性が生かされており、いつの間にか安定している。既に、SMAPあっての紅白といっても過言ではない。
    • 氣志團もおもろい。ノリがいい。ノリが悪い人は紅白にでないでください・・・。全員合唱のときに歌ってないやつとかみると悲しい気持ちになる。
    • 木村拓哉はかっこいいのにノリがよくて、そこもかっこいい。
    • 前川清を山本耕治が「山川・・・」と紹介しそうになってたのが面白かったが、山川豊もいたのでしょうがないとおいらは思う。
    • 前川清が歌い終わった後、「山川でした」といったのに感動した。前川清さすがっ!
    • 平原綾香の歌が単純によかった。世界観の広い歌はすきです。
    • 大塚愛もなかなかよかった。
    • 吉永小百合の詩の朗読、とてもよかった。そのあとの森山親子、さだまさしもすごくよかった。戦争で失ったものも多いだろう。自分たちの世代は、それよりも戦争から得たもの方が大きいかもしれない。
    • 倖田來未のとき、みのが「レコード大賞おめでと〜」といった。きっというだろうなぁとおもっていたらやっぱりいったので、みのによくやったといいたい。
    • 親父3人組も面白かった。深夜で布施明と前川清はおもろいらしいしな・・・。
    • D-51のとき仲間由紀恵がヤンクミやってた。WaTの小池徹平もいたし。これで響鬼のテレ朝に続いて、日テレともコラボ。
    • 「タイムスリップ60年 昭和・平成ALWAYS」は良かった。思いのほかサブちゃんが寅さんに似ててびびった。恋のマイヤヒは余計。あんなのやるなら、もっとメドレーの一曲一曲を聞かせてほしかった。こういうところではモーニング娘。関係の子たちがその力を発揮、といったところか。
    • WaTは、マイクが倒れちゃったけどよく歌ってた。ウエンツ瑛士はNHKに育てられたようなもんだし、出場できてよかったなー。
    • ゴリエもおもろかったけど、歌は歌わないのね。WaTもそうだが、天才テレビくんの子供たちもみんな大きくなったなぁ・・・。そして、テレ朝、日テレに続きCXともコラボ完了。
    • 小林幸子の衣装には圧巻。いや、もう衣装というか舞台だな・・・。
    • そのあとの西川君もがんばってたけど、歌がよくなかった・・・。スターウォーズ無関係だし・・・。
    • グループ魂は何で出れたのか不明だけどバカでよかった。NHKは、そろそろクドカンとのパイプを作るつもり??
    • 夏川りみはよかった。歌がいい。
    • ドリカムもよかった。吉田美和のアレンジと即興はすごい。観客、もうちょっとのろうぜっ!
    • 渡辺美里もよかった。My Revolution は聞くと「やるぞっ」って気になる。
    • 和田アキ子は残念だった。さすがの声、さすがのリズム感ではあったが、歌がよくなかった。もっと和田アキ子を活かせる歌はなかったのかな・・・。
    • 中島美嘉、すごくよかった。CDほしくなってしまったよ・・・。NANAの演技はどうかと思う、と、わが妹がいっていたのは気にしない。
    • SMAPもよかった。歌がいい。「世界に一つだけの花」よりいいのでは。歌詞がいい。精悍な顔つきであるにも関わらず、怯える手で突きつけられている銃。キミが誰を指すのか、なぜ僕らの心に突きつけるのか、大きい意味から小さい意味まで様々な問題に当てはまる、いい詩であると思う。以下一部引用。

精悍な顔つきで構えた銃は

他でもなく 僕らの心に 突きつけられてる

そう、怯えるキミの手で

    • みの、もっとしゃべりたそうだった。
    • 白組か、赤組か、どっちが勝つかはどうでもよかったかもしれない。ただの人気投票を年末にやる必要はないよ。

いやー、おれってテレビ好きだなぁ・・・。

行った旅行

P1030627.jpg

 箱根駅伝で有名な箱根にいってきた。山に登れば登るほど雪、雪、雪。こんな寒い山を走りながら23キロくらい走って6人も抜いた今井はすごいな・・・。

 いつもの通り、おいらはみんなについていくだけのお気楽旅。箱根の蕎麦屋で蕎麦食って(みのオススメの店だった)ロープウェイにのったり、大涌谷やら芦ノ湖やら神社やらにいって、温泉にも入ったりした。最後はおれの庭である渋谷(自称)で社会人らしく飲んだ。案外充実した1日でした。

 星3つですっ 今日も町の友人たちに感謝。ま、南口と港南口を間違えるおいらだけどまた誘ってくれたまえ。

 写真とかつけときますよ。


関連記事

前後の記事

タグを元にした関連記事

  1. はっぴー・にゅー・いやーん(←ベタ)
  2. 働けど働けど我が暮らし楽にならざり。じっとコタツで「明石家サンタ」を観る。
  3. ハッピーホリデー、そして、よいお年を。
  4. あけまちんこ、おめでたまきん。(←懐かしの茶魔語)
  5. Trick or treatment? (ヘアケアしてくれなきゃイタズラするぞっ の意)

その他の関連記事を見る

(C) Copyright 1999-2013 りゅういち (webmaster@dvd-access.com) | 編集 | もコラム | テレビっ子 | 行った旅行 | 観た映画・DVD | 読んだ本

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dvd-access.com/mt/mt-tb.cgi/184

あけましておめでとうとか、本とか、映画とか、テレビとか、戌とか。 へのトラックバック

前川清のひまわり (2007年11月19日 12:11)
from J-POP
今、父親がBS日本のうたにかけたのを一緒に何気なく見てたんだが、福山雅治が作詞、作曲した「ひまわり」って曲、いい曲だと思ったぜよ検索してみたらニコニコ動画... [続きを読む]

コメント

極東 (2006年01月17日 12:17)

テレビのレポ、長っっ。さすがテレビっ子。(テレビヲタ)
良いテレビを買ったそうなので、視聴がさらに楽しくなったことでしょうな。
こちとらは5年落ちのフナ○製ですぜ。
買い換えのタイミングがさっぱり分からん…。

りゅういち [TypeKey Profile Page] (2006年01月17日 23:58)

プラズマついにきたぜっ
うち、UHFアンテナついてないっぽく、
地上波デジタルみれない。。orz
BSデジタルめっちゃ綺麗だけどなっ

テレビの買い替えはずばり2011年7月ですな。
そのころ地上波アナログが廃止になるので、
デジタルチューナかデジタルチューナ内蔵のTVを
買わないとテレビ見れなくなるからな。。
というわけで、あと5年FUN○Iを使ってください。

コメントしてください




名前、メール、URLの入力情報を保存しますか?