りゅういちの活字依存症(2000年6月)
2000年06月30日

HOME > もコラム > りゅういちの活字依存症(2000年6月)

りゅういちの活字依存症(2000年6月)

 過去に読んだ本で、感想とか残っていたものをついでなんでアップしようかと思います。(2006年3月)

  • 2000年6月:1冊
  • 2000年累計:15冊

柔らかな頬 (桐野夏生)

柔らかな頬
ASIN:4167602067:image:small#小説版小説版
柔らかな頬
ASIN:B000060NFJ:image:small#ドラマ版ドラマ版

1994年8月 「現代の神隠しか 深まる謎 有香ちゃん失踪事件」

私はたった1人でここにいる。有香もたった1人でどこかにいる。

怒りはやがてとてつもなく大きな悲しみに変わっていった。カスミは石ころだらけに岸辺に突っ伏して号泣した。

カスミの漂流はここから始まったのだった。

(本文より引用)

  • ★★★★
  • 結局は真相がわからないまま終わる。が、いろいろな人々と再会し新たな真相がわかったり、当時のその人の気持ちなどが読んでいておもしろい。顔が見えない犯人がとても怖い。最後の2行がいろいろと波紋を呼んでいるんだとか。自分で犯人を予想したりするのも楽しむ方法としてはなかなかだと思う。
  • BS-i (TBS系BSチャンネル)にてドラマ化予定


関連記事

前後の記事

タグを元にした関連記事

  1. りゅういちの活字依存症(2000年4月)
  2. りゅういちの活字依存症(2001年3月)
  3. こと座のベガとわし座のアルタイルがカササギにのって、ミルキーウェイをわたるとき、願い事がかなうらしい。
  4. りゅういちの活字依存症(2001年4月)
  5. りゅういちの活字依存症(2000年2月)

その他の関連記事を見る

(C) Copyright 1999-2013 りゅういち (webmaster@dvd-access.com) | 編集 | もコラム | 読んだ本

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dvd-access.com/mt/mt-tb.cgi/191

コメント

コメントしてください




名前、メール、URLの入力情報を保存しますか?