りゅういちの活字依存症(2000年11月)
2000年11月30日

HOME > もコラム > りゅういちの活字依存症(2000年11月)

りゅういちの活字依存症(2000年11月)

 過去に読んだ本で、感想とか残っていたものをついでなんでアップしようかと思います。(2006年4月)

  • 2000年11月:1冊
  • 2000年累計:20冊

レディ・ジョーカー (高村薫)

レディ・ジョーカー
ASIN:4620105791:image:small#小説版小説版
レディ・ジョーカー
ASIN:B00067HDXY:image:small#映画版映画版

上)胸をえぐる企業社会の黙示録「人質は350万キロリットルのビールだ」

心に深い孤独を抱えた5人の男たちが企てた、一兆円企業・日之出麦酒の社長誘拐。しかしそれは物語の序章でしかなかった―。

男たちを呑み込む闇社会の壮絶な営みと暴力を描いて、人間存在の深淵を覗く壮大な闇の叙事詩が、いま、扉 を 開 け る 。

(上巻の帯より引用)

下)人生という不毛 男たちの魂の渇き

さまざまな思惑をはらみ、増殖し続けるレディ・ジョーカー事件。犯罪の愉楽に発狂する男たちの臓腑。

すべてを覆い尽くす地下金融の腐臭。彷徨する魂たちに明日はあるのか。

そして合田雄一郎を待つ驚愕の運命とは―

犯罪小説の枠を超越し、比類なき感動を呼ぶ、高村文学の新たな頂点。

(下巻の帯より引用)

  • ★★★★
  • (上巻)取材の綿密さからくる細やかな描写や、人間心理の書き方などが取っても上手く人物像やその状況などがよくわかる。が、受験生のぼくにはいささか書きこみ過ぎの感があるので-1。でもストーリー展開と伏線の張り方などは読んでておもしろすぎ。
  • (下巻)読み方が悪かったのか、間延びしてしまった(^^; それでもすごい。描写の細かさ、特に人の心の綿密な描写は素晴らしい。最後は本当にやりきれない感覚の中にすがすがしささえ感じる。


関連記事

前後の記事

タグを元にした関連記事

  1. 走りながら食べ、絵を描きあげくに本を読むという過酷な季節到来。
  2. ハリー・ポッターとかハウルとか、あと読んだ本とか、人生とか。
  3. りゅういちの活字依存症(2001年2月)
  4. はっぴぃ、ばーすでい、つーゆー(梅雨とかけた、とてもおもしろいダジャレ)
  5. りゅういちの活字依存症(2000年5月)

その他の関連記事を見る

(C) Copyright 1999-2013 りゅういち (webmaster@dvd-access.com) | 編集 | もコラム | 読んだ本

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dvd-access.com/mt/mt-tb.cgi/195

コメント

コメントしてください




名前、メール、URLの入力情報を保存しますか?