りゅういちの活字依存症(2001年6月)
2001年06月30日

HOME > もコラム > りゅういちの活字依存症(2001年6月)

りゅういちの活字依存症(2001年6月)

 過去に読んだ本で、感想とか残っていたものをついでなんでアップしようかと思います。(2006年4月)

  • 2001年6月:2冊
  • 2001年累計:13冊

クロスファイア (宮部みゆき)

クロスファイア
ASIN:4334733700:image:small#作品情報作品情報
クロスファイア
ASIN:B00005HS0U:image:small#映画作品映画作品

上) 炎のごとく、今、最も”熱き”傑作!

正義とは何か? 一級の娯楽作にして、大問題作! 宮部みゆきの真骨頂がここにある!!

下) 一気読破必至の1200枚 !

止まらぬ興奮! 掛け値なしのおもしろさ! 本年度ベスト・エンタテインメントの最有力候補

(帯より引用)

  • ★★★★
  • 5年ぐらい前ながら、現在にも通じる作品。自分の快楽のためだけに殺人する人たちを「パイロキネシス(念力放火能力)」で次々と殺していく青木淳子。また、同じようにそれを繰り返してきた謎の組織「ガーディアン」。本当の正義とは何かを問う。といった話で、幸せになれない主人公がなんともさびしい。
  • CAST/矢田亜希子 伊藤英明 桃井かおり にて映画化放映済み

龍は眠る (宮部みゆき)

龍は眠る
ASIN:4101369143:image:small#作品情報作品情報

嵐の晩だった。

雑誌記者の高坂昭吾は、車で東京に向かう道すがら、道端で自転車をパンクさせ、立ち往生していた少年を拾った。なんとなく不思議なところのあるその少年、稲村慎司は言った。

「僕は超常能力者なんだ」。

その言葉を証明するかのように、二人が走行中に遭遇した死亡事故の真相を語り始めた。それが全ての始まりだった……宮部みゆきのブロックバスター待望の文庫化。

(裏表紙より引用)

  • ★★★★
  • クロスファイアを同じく超能力者をモチーフにした作品。だが、今回は超能力者側の心の内側は一切描かれないし、途中まではその能力が本当のものかどうかも微妙に描かれている。というのも今回の能力はサイコメトリーであるからである。なかなか最後まで目が離せない作品でした。


関連記事

前後の記事

タグを元にした関連記事

  1. おれは世につれ、世は歌につれ。
  2. Ocean Day or Birth Day for Joke
  3. ひとりサマーバケーションEP (2) 久我山〜高井戸
  4. 「症例A」を読んで
  5. こと座のベガとわし座のアルタイルがカササギにのって、ミルキーウェイをわたるとき、願い事がかなうらしい。

その他の関連記事を見る

(C) Copyright 1999-2013 りゅういち (webmaster@dvd-access.com) | 編集 | もコラム | 読んだ本

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dvd-access.com/mt/mt-tb.cgi/204

コメント

コメントしてください




名前、メール、URLの入力情報を保存しますか?