りゅういちの活字依存症(2002年1月)
2002年01月30日

HOME > もコラム > りゅういちの活字依存症(2002年1月)

りゅういちの活字依存症(2002年1月)

 過去に読んだ本で、感想とか残っていたものをついでなんでアップしようかと思います。(2006年7月)

  • 2002年1月:2冊
  • 2002年累計:2冊

始祖鳥記 (飯嶋和一)

始祖鳥記
ASIN:4094033114:image:small#作品情報作品情報

迷わず、おのれを生きることです。

空前の凶作、貧困で、人心が絶望に打ちひしがれた暗黒の天明期、大空を飛ぶことにおのれのすべてを賭けた男がいた。

その”鳥人”幸吉の生きざまに人々は奮い立ち、腐りきった公儀幕府の悪性に敢然と立ち向かった。

(帯より引用)

  • ★★★★
  • 最初の方は少し盛り上がらず読むのが間延びしてしまったが、中、後半は一気に読んでしまった。幸吉の飛行から、塩の流通改革へとつながり、当時の風俗も事細かに書き込まれていて勉強にもなる一冊である。また、出てくる人々の生き方もかっこよい。

ホーキング、未来を語る (スティーヴン・ホーキング)

ホーキング、未来を語る
ASIN:479733634X:image:small#作品情報作品情報

100万部突破、超ベストセラー「ホーキング、宇宙を語る」待望の続編

時間旅行は実現するのか? 人類は滅亡するのか? 天才科学者が、宇宙と人類の未来について縦横無尽に語る!

(帯より引用)

  • ★★★
  • 「ホーキング、宇宙を語る」の続編とあるが、つながりはあまりなく、こちらから呼んでも十分わかる内容となっている。また内容もアインシュタインの相対論から、現在の科学でも先端な理論を解説して、またイラストも多くわかりやすい内容となっている。


関連記事

前後の記事

タグを元にした関連記事

  1. 愛は、光よりも速く、ビッグバンよりも強いのか。
  2. りゅういちの活字依存症(2001年8月)
  3. ハッピーホリデー、そして、よいお年を。
  4. 残暑お見舞い申し上げたいのは山々なのですが暑いっす。。
  5. 目次がつくようになりました。

その他の関連記事を見る

(C) Copyright 1999-2013 りゅういち (webmaster@dvd-access.com) | 編集 | もコラム | 読んだ本

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dvd-access.com/mt/mt-tb.cgi/211

コメント

コメントしてください




名前、メール、URLの入力情報を保存しますか?