デヴィット・オダギリンチ・ジョー。
2007年06月05日

HOME > たまのひとこと > デヴィット・オダギリンチ・ジョー。
時効警察
ASIN:B000ROODRU:image:small#作品情報作品情報
セクシーボイスアンドロボ
ASIN:B000TXY8B0:image:small#作品情報作品情報

 今クールで観ているドラマは「帰ってきた時効警察」のみ。

 木皿泉が脚本を担当している、2002年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞作品が原作の「セクシーボイスアンドロボ」も観たかったところだが、時間が合わずに断念したのは余談である。

 帰ってきた時効警察の第八話を観ていると、三日月くんの変な夢とか動きとか言動とか、異常なカメラワークとかに笑いが止まらず。しかしこの感覚、デヴィット・リンチの作風に似てないか??と思ったのである。(デビット・リンチの作品見たことないが)

 で、最後のスタッフロールが右からやってきた。いつもであれば、それをそのまま左へ受け流すところだったが、ふと見ると、「脚本・演出 オダギリジョー」と流れてきた。オダギリジョー、デビット・リンチ意識してたのかなぁ。。(おいらは今、ムーディ勝山を意識したけど)


関連記事

前後の記事

タグを元にした関連記事

  1. 幸喜恒例謝意旅得世囲努(三谷幸喜が映画を撮ったとき恒例の、感謝の意を込めて世を旅し、客を得、囲い込む努力、つまり映画宣伝のこと)
  2. コロンだブスの卵、あるいは勘違いで歴史に名を残す方法
  3. がしょーん(谷啓の往年のギャグとお正月の挨拶をかけたダジャレ)
  4. 目次がつくようになりました。
  5. はっぴー・にゅー・いやーん(←ベタ)

その他の関連記事を見る

(C) Copyright 1999-2013 りゅういち (webmaster@dvd-access.com) | 編集 | たまのひとこと

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dvd-access.com/mt/mt-tb.cgi/276

コメント

コメントしてください




名前、メール、URLの入力情報を保存しますか?