決して木村拓哉になれない男。
2008年05月29日

HOME > たまのひとこと > 決して木村拓哉になれない男。

 以下は、フジテレビ月曜9時、いわゆる月9を観ていたときの、親子の会話である。


「おれってキムタクに似てるよね。」

「いや、似てないね。」

「でも、サルかキムタク、どっちに似てるかっていえば?」

「うーん、サルだね。」

「でも、石ころかキムタク、どっちに似てるかっていえば?」

「うーん、石ころ?」

「・・・。」

「・・・。」

「じゃあさ、オーランド・ブルームとキムタク、どっちに似てるかっていえば?」

「うーん、オーランド・ブルームかな・・・。」

「あ、ああ、そう・・・。」


関連記事

前後の記事

タグを元にした関連記事

  1. Ocean Day or Birth Day for Joke
  2. ひとりサマーバケーションEP (1) 井の頭公園〜杉並区境
  3. 「ミリオンダラー・ベイビー」見たこととか。
  4. 幸喜恒例謝意旅得世囲努(三谷幸喜が映画を撮ったとき恒例の、感謝の意を込めて世を旅し、客を得、囲い込む努力、つまり映画宣伝のこと)
  5. ひとりサマーバケーションEP (4) 東京ドームシティ〜海

その他の関連記事を見る

(C) Copyright 1999-2013 りゅういち (webmaster@dvd-access.com) | 編集 | たまのひとこと

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dvd-access.com/mt/mt-tb.cgi/303

コメント

コメントしてください




名前、メール、URLの入力情報を保存しますか?